税込価格が1000円から2000円までのオナホールをランキング形式で紹介しています。

千円以下の格安オナホールは↓↓↓で紹介しています。


  1. ヴァージンループ HARD

    ヴァージンループ HARD

    価格:
    1,408円(税込)
    重量:
    264g
    コスパ4.0
    使用感5.0
    おすすめ5.0

    管理人のレビュー

    圧倒的なコスパと気持ちよさで発売当初から売れ続けているオナホール。

    クローバー螺旋構造のゾリゾリ感はノーマルバージョンよりはっきりと感じられ、思わず腰が浮いてしまいそうな快感を与えてくれます。

    価格が安い上に耐久性も高いので、まさに『一つは持っておいて損のないオナホ』と言えるでしょう。

    ある意味欠点と呼べるポイントを挙げるなら、このクローバー螺旋構造を参考にしたオナホールが多すぎてそちらを先に試していた場合は新鮮味を感じられない、ということ程度でしょうか。

    まあ、それらと比べてもコスパでは勝っている場合が多いのでマッタリオナニーが好きな人以外はぜひ一度試してみてください。

    商品詳細を見る


  2. ナースのギチギチ挿入感 ハード

    ナースのギチギチ挿入感 ハード

    価格:
    1,848円(税込)
    重量:
    355g
    コスパ4.0
    使用感4.5
    キツキツ度4.5

    管理人のレビュー

    ギチギチ・ゾリゾリの挿入感がたまらないお手頃価格のオナホールです。

    まず入り口でジョリジョリとした硬めのヒダが亀頭に刺激を与えて、その後段々と狭くなっていく内部にはイボのような突起まであって、最後に子宮口のようなスポットにたどり着きます。

    抜くときはこれらの刺激にさらにバキュームの吸い付きが加わるので、キツ系好きにはたまらない高刺激を味わうことができます。

    もちろん、慣れてない人にとっては最初のジョリジョリから痛いだけになるのでご注意ください。

    商品詳細を見る


  3. このあと彼女と滅茶苦茶セックスした

    このあと彼女と滅茶苦茶セックスした

    価格:
    1,210円(税込)
    重量:
    280g
    コスパ4.0
    使用感4.5
    おすすめ4.5

    管理人のレビュー

    初心者におすすめしたいコスパの良いオナホ。

    【温泉欲情】に似た極太ヒダの構造になっており、肉厚さは少々物足りませんが刺激は十分です。

    HARDバージョンもあるので高刺激が好きな人にはそちらがおすすめ。

    ただし断面図を見ても分かる通り、最奥部分が薄めになっているので耐久性には難あり。このあたりは低価格ホールということで割り切るしか無いでしょう。

    商品詳細を見る


  4. 舌ピフェラビッチ

    舌ピフェラビッチ

    価格:
    1,518円(税込)
    重量:
    380g
    コスパ4.5
    使用感4.0
    おすすめ4.5

    管理人のレビュー

    他のオナホに流用可能なギミックが付いた、コスパ高めのフェラホール。

    このフェラホールは舌ピアスという、リアルでもあまりお目にかかれない構造になっており、ここが一番のポイントですが『ピアスは着脱可能で自分の好きな場所につけることができます』。

    場所にもよりますが、舌だけではなく上顎部分にもつけられますし、肉厚過ぎなければ別のオナホールにもアクセントとして付けることが可能です。

    フェラホールとしての出来自体もよく値段もお手頃なので、ピアス集めのために2、3個買っておくのもいいかもしれません。

    また、このフェラホールは硬質素材の歯が付いていないのでフェラっぽい感触は好きだけど歯は苦手、という人にもおすすめできます。

    商品詳細を見る


  5. 処女膜無双 KUROGANE

    処女膜無双 KUROGANE

    価格:
    1,848円(税込)
    重量:
    340g
    コスパ4.0
    使用感4.5
    おすすめ4.5

    管理人のレビュー

    高刺激系処女膜ホール。

    処女=キツイ、と考えているとオナホ業界では案外ハズレを引く可能性が高いのですが、本作はハード素材の高刺激系ホールなので【処女】という単語でピンときた人でも満足できるホールになっています。

    見た目はクリア素材に真っ赤なヒダということで、挿入時はまるでロストヴァージンの如くペニスが赤く染まって見えますが、これはおそらく好き嫌いがあるんじゃないかな、と思います。

    ギチギチの高刺激ホールが好きな人、【処女】という単語に股間が反応する人などにおすすめのオナホです。

    商品詳細を見る


  6. ヴァージンループダリンセブンハード

    ヴァージンループダリンセブンハード

    価格:
    1,760円(税込)
    重量:
    360g
    コスパ4.0
    使用感4.5
    おすすめ4.0

    管理人のレビュー

    1000円台後半に数多くのシリーズがあるヴァージンループ系のオナホから一つを選んで紹介。

    【ヴァージンループ】と【ヴァージンループハード】との比較だと、無印ではぼんやりとしていた刺激がハードではかなりしっかりと感じられたため、ハード>無印だという印象が強いかもしれません。

    しかし、ダリンセブンはもともとそれなりに高刺激のオナホだったこともありハードエディションは人によっては痛みを感じるようなかなりの高刺激系オナホになっています。

    なので、他のヴァージンループシリーズでゾリゾリとした高刺激に慣れている人でもっと刺激がほしいという人におすすめのオナホです。

    商品詳細を見る


  7. アンサンブル

    アンサンブル

    価格:
    1,562円(税込)
    重量:
    330g
    コスパ4.0
    使用感4.0
    おすすめ4.0

    管理人のレビュー

    子宮ってなんだっけ、と言いたくなるような十連子宮ホール。

    十連のヒダをクポクポと突き抜けていく感触や、引き抜くときにそれらがカリ首に引っかかる感触などはリアルでは決して味わうことのできないオナホ独特の刺激と言えます。

    この刺激に関しては結構好き嫌いがありますが、子宮系が好きな人にはアンサンブルは間違いなくおすすめできるオナホです。

    同じメーカーが出している似たようなオナホに【Nana -ナナ-】がありますが、こちらは七連構造で長さが12.5センチなのにたいしてアンサンブルは18センチ近くあるので、Nanaが短すぎて不満があった人にも最適です。

    18センチのオナホに対して重量は330gと少なめですが、ギリギリ気持ちよさに問題はない程度には肉厚です。

    値段も1500円程度なので子宮系を試したことがない人や、非現実的な刺激を楽しみたい人は是非試してみてください。

    商品詳細を見る


  8. ふわもち欲情スパイラル

    ふわもち欲情スパイラル

    価格:
    1,166円(税込)
    重量:
    240g
    コスパ4.0
    使用感3.5
    おすすめ4.0

    管理人のレビュー

    低価格では非常に珍しいふわ系素材のオナホール。

    柔らかめの素材に螺旋ヒダというそこまで刺激が強くないヒダ構造を組み合わせているので、刺激はかなり弱めのオナホールです。

    とは言え最低限の刺激は感じられるし、外側がコロネ?のような形になっているため手の圧力が均一に伝わらないのでまったりオナニー用としては悪くないオナホールと言えると思います。

    また、価格が千円少々と安めで洗浄も非常にやりやすいので、初心者の人にはかなりおすすめできるオナホールです。

    商品詳細を見る


  9. 強吸引 長舌フェラペチーノ

    強吸引 長舌フェラペチーノ

    価格:
    1,518円(税込)
    重量:
    420g
    コスパ4.5
    使用感4.0
    おすすめ4.0

    管理人のレビュー

    コスパの高い貫通式フェラホール。

    十分な肉厚さと舌や歯のギミックなどもあるのに1500円程度という驚きの価格で販売されているオナホです。

    売りでもある長い舌は裏筋部分を広範囲に擦ってくれるので、ものすごく気持ちいいわけではありませんが他では味わえない刺激を与えてくれます。

    欠点は長い舌と貫通式という構造のため、前からも後ろからもローションが漏れやすいことです。

    粘度が低めのネットリとしたローションを少なめに入れて使うと舌もいい感じに絡みついてくるのでおすすめです。

    商品詳細を見る


  10. こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所

    こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所

    価格:
    1,958円(税込)
    重量:
    250g
    コスパ3.0
    使用感4.0
    おすすめ4.0

    管理人のレビュー

    つるぺたロリのパッケージの通り、キツキツ系のオナホール。

    入口が狭く、奥行きも10センチ程度しか無いのでほぼ間違いなく『無理矢理突っ込んで奥をガンガン突く』といった使い方になるあたり、かなり鬼畜なオナホです。

    造形が素晴らしく、ロリボディが好きな人は見た目だけで硬度を維持できるため『キツすぎる→萎える』というキツ系オナホールでありがちな事態を防ぐこともできるかもしれません。

    ただし、そのキツさ・狭さゆえに耐久性は低めです。貫通しても使えなくはないのですが、ロリ系ホールとしてはいまいちな感じになってしまいます。

    まあ、ある程度中古になってしまったら捨てて新しいモノを買う、というのも鬼畜っぽくてこのホールらしいといえるのかもしれません。

    商品詳細を見る