フェラホールおすすめランキング2019

今回はオナホールの中でもあえて下の口ではなく上の口を模して作った、フェラ系ホールのおすすめを紹介します。

元々、オナホールの使用感はフェラっぽさを感じさせるものが多いですが、フェラ系ホールはその中でもフェラチオに近い感触を追求していった結果生まれたものなのでフェラ好きの人にはおすすめのオナホです。

ただ、フェラホールは基本的に歯のギミックが付いているものが多く、合わない人には合わないので初めてフェラ系を買う人は複数買いはやめておきましょう。

一位 真実の口 アマガミ(税込: 2,354 円)

真実の口 アマガミ最高のフェラホールという人も多い真実の口をやわらか素材にしたマイナーチェンジモデル。

歯の素材も柔らかめになっているので、前作で歯が当たって痛かった人にはこちらの方がおすすめできます。

ただ、柔らか素材で作ったため臭いとベタつきが強めでベビーパウダーは必須。また、ミント系のうがい薬などで中を洗うとフェラホールっぽさをさらに感じることができます(うがい薬を使ったあとは一応、一度水洗いをしたほうがいいです)。

使い方としては、まず最初に喉奥まで突っ込んだ後、ゆっくりとそれこそフェラをしてもらっているときのように上下させるマッタリ系ホールとしての使い方がおすすめです。

 

二位 NUPU(ヌプ)(税込: 2,462 円)

NUPU(ヌプ)貫通式で一方から突っ込むとフェラホール、もう反対側からだとヴァギナホールになるという面白い設計。

フェラ側を使ってみて歯が気になって抜けない場合でも反対側から突っ込めばそのままオナホとして使えるので、フェラホール初心者が最初に買うホールとしておすすめできる商品です。

貫通式なので洗浄も簡単で値段も手頃、耐久性も十分あります。ただ、貫通式共通の問題として反対側の穴を塞がないとバキュームがかけられないので、その辺はちょっと工夫が必要です。

 

三位 舌ピフェラビッチ(税込: 1,490 円)

舌ピフェラビッチなぜか実験的な試みが行われることの多いフェラ系ホールの最新作。

今回のフェラホールは舌ピアスという、リアルでもあまりお目にかかれない構造になっており、ここが一番のポイントですが『ピアスは着脱可能で自分の好きな場所につけることができます』。場所にもよりますが、舌だけではなく上顎部分にもつけられますし、肉厚過ぎなければ別のオナホールにもアクセントとして付けることが可能です。

フェラホールとしての出来自体もよく値段もお手頃なので、ピアス集めのために2、3個買っておくのもいいかもしれません。

また、このフェラホールは硬質素材の歯が付いていないのでフェラっぽい感触は好きだけど歯は苦手、という人にもおすすめできます。

 

四位 Magic Face2 ゆきかぜエディション(税込: 13,824 円)

Magic Face2 ゆきかぜエディション数少ない全頭型フェラホール。

全頭型のフェラホールは頭部分を掴んで動かせるのでイマラチオをしている感触がかなり感じられ、リアルなフェラホールを探している人には是非オススメしたいオナホです。反面、顔の造形というのは非常に難しく、そういう意味で言えばハズレの多いオナホでもあります。

この商品は対魔忍シリーズとして有名なエロゲのキャラクター【ゆきかぜ】で、目を作らないことによってかなりうまく造形ができているんじゃないかな、と思います。

また、骨格パーツが入っているため頭部分を掴みやすく腰も振りやすいので使用感もかなりいいです。値段と洗浄のし難さに目をつぶればリアルイマラチオを楽しめる優秀なフェラホールと言えるでしょう。

 

五位 真実の口(税込: 2,354 円)

樹脂でできたリアルな歯をオナホにつけようと初めて試みた、フェラホールの元祖とも呼べるオナホです。

歯の刺激については人によっては痛いと感じることも多く、その刺激は賛否ありますが通常のオナホでは味わうことのできないものであることは間違いありません。

内部構造やたまに歯が当たって痛い思いをすることも含めて、ちょっと下手くそな女の子の『リアルなフェラ』感が楽しめるフェラホールです。

ただ、他のオナホール以上に【モノのサイズ】が評価の分かれ目になりやすいオナホとも言えるので、サイズが大きめの人はいっそ上の歯を取ってしまうとかなりいい感じで使えると思います。

 

六位 激フェラ バキューム AIKA(税込: 2,678 円)

激フェラ バキューム AIKAU字型の下に包まれるような感触のするまったり系オナホール。

名前からするとすごいバキュームのかかる刺激系ホールのような印象を受けますが、実際には刺激は少なめである意味リアルなフェラ感が楽しめます。

ギミックとしてはすぼめられた舌が裏筋部分を擦る感触が秀逸で、少し手前の部分でストロークをすることでこのギミックを十分に楽しむことができます。

また、上で紹介した【舌ピフェラビッチ】の舌ピアスとも相性がよく、舌部分はもちろん口の上部分の薄くなっている部位にもピアスが装着可能でこれを付けることによってより刺激の増したリアルフェラ感を味わうことも可能です。

 

七位 たまらずおくちでしよッ…(税込: 1,382 円)

たまらずおくちでしよッ…後発の強みを活かしたフェラホール。

【真実の口】をよく研究して(悪く言えばパクって)値段をぐっと下げたコスパの良いオナホです。

歯・舌・喉奥の構造とバランスが良く、大きくストロークをすれば歯がカリ首に引っかかる下手くそなフェラ感が味わえるし、奥まで突っ込んで浅めのストロークをすればイマラチオ感を楽しむことができます。

すでに【真実の口】を持っている人にとっては特におすすめする商品ではないですが、持っていない人やフェラホ初心者の人にはおすすめのホールです。

 

八位 真実の口 ぺろりん(税込: 2,354 円)

真実の口 ぺろりん人気のフェラホール【真実の口】シリーズの最新作。

まず素晴らしいのがその造形。フェラホールと言うとだいたい見た目が少し不気味な感じになるのですが、このオナホはどこか可愛らしく見え、そんな彼女の喉奥までペニスを突っ込む感触が堪りません。

使用感としては、舌があるため下の歯がペニスに当たることもなく、初代のような初々しいリアルなフェラ感がなくなった代わりに喉奥でギュッポギュッポとバキュームがかかり、イマラチオ感を高めています。

歯の当たりをマイルドにして奥を気持ちよくして、と工夫を重ねていった結果普通のオナホールとの差が失われてしまった感はありますが、その辺りを造形の良さと妄想力でカバーできれば悪くないオナホだと思います。

 

九位 ふわフェラディープイラマチオ(税込: 2,527 円)

ふわフェラディープイラマチオ非常に珍しい、ふわとろ系のフェラホールです。

とは言ってみたものの実はこのオナホ、フェラっぽさはあまりありません。ふわとろ系はやわらかすぎて内部構造がわかりにくいため『フェラっぽさ』を出すのがおそらく難しいのだと思います。

ただ、入口近くにある舌パーツがふわとろ系にしてはかなり自己主張が激しいため『舌が当たっているな』という感触だけはかなり鮮明に味わうことができます。なのでリアルフェラのような感触を味わえる、というよりは【一点アクセントのあるゆるふわ系ホール】という感じで楽しむのがいいと思います。

 

番外 A10サイクロンSA +PLUS(税込: 21,492 円)

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)本来のフェラホールというくくりから言うと外れている気もしますが、これほどフェラっぽさを感じさせてくれるオナホは他にないので紹介しておきます。

A10サイクロンSAは静音性・パワーの強さ・VRとの連動・コードレスの利便性、とかつての電動オナホールにあった不満を片っ端から潰していったかのような理想の電動ホールです。

特にVRとの連動は最近VR動画が次々と発売されているので、これからのオナニーライフをさらに充実させてくれること間違いありません。

フェラらしさを最も感じられる専用ホールはオーラルで、電動で勝手に動くことも合わせると【女の子にフェラをしてもらっている感】を最高に感じられるオナホールだと言えるでしょう。

値段はかなり高いですがフェラ好きな人なら買って損のないオナホだと思います。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ