キツ系オナホールおすすめランキング(2019)

『オナホールはキツ系よりもユル系でバキュームをしたほうが気持ちいい』とはよく言われていることですが、それでもやっぱりキツ系を試したみたい、という人もいるかと思います。

そんな人用に2019年1月現在おすすめできるキツ系オナホールをランキング形式で紹介します。

一位 【純潔注意】すじまん くぱぁ ろりんこ 処女宮(税込: 3,828 円)

【純潔注意】すじまん くぱぁ ろりんこ 処女宮(バルゴ)【キツキツ度:★★★★☆】処女の名に偽りのない高刺激オナホール

非常に評価の高い前作『すじまん くぱぁ ろりんこ』に処女宮と付いただけですが重さは2倍と非常に肉厚になり、内部構造も【処女膜】部分だけでなく【子宮口】にもこだわった高刺激キツ系の最高峰オナホールになっています。

ただし、キツ系の上に入口が狭い部分が2箇所もあるわけですから、当然のごとく洗浄が面倒です。しかし、その手間をかけてでも使い続けたいと思わせるだけの気持ちよさがこのオナホにはあります。

 

二位 ナースのギチギチ挿入感 ハード(税込: 1,848 円)

ナースのギチギチ挿入感 ハード【キツキツ度:★★★★★】ギチギチ・ゾリゾリの挿入感がたまらないお手頃価格のオナホールです。

まず入り口でジョリジョリとした硬めのヒダが亀頭に刺激を与えて、その後段々と狭くなっていく内部にはイボのような突起まであって、最後に子宮口のようなスポットにたどり着きます。

抜くときはこれらの刺激にさらにバキュームの吸い付きが加わるので、キツ系好きにはたまらない高刺激を味わうことができます。

もちろん、慣れてない人にとっては最初のジョリジョリから痛いだけになるのでご注意ください。

 

三位 ヴァージンエイジ~入学~(税込: 2,068 円)

ヴァージンエイジ~入学~(Virgin age~Admission~)【キツキツ度:★★★★★】入り口は大きくて徐々に狭くなっていく万人向けのキツ系ホール。

『挿れやすいけどキツイ』『刺激はあるけど痛いほどではない』そんなバランスの取れた優良なオナホです。内部の長さが11センチしかないので、ほとんどの人は完全に挿入はできずに奥をガンガン突くことになりますが、そんなところもロリっぽくていい感じです。

欠点として奥に進むほど徐々に狭くなっていくという構造上、途中で手を離すとオナホが飛んでいってしまう、オナホ業界では【ロケット】と呼ばれる現象が起きるのでプレイ中は手を離さないよう注意しましょう。

 

四位 すじまん くぱぁ ろりんこ ~CRYSTAL HARD~(税込: 2,178 円)

すじまん くぱぁ ろりんこ ~CRYSTAL HARD~【キツキツ度:★★★★☆】ロリ系オナホール・キツ系ホールが好きな人にはおすすめの【すじまん くぱぁ ろりんこ】がさらにハード素材になって登場。

とは言えキツすぎて挿入らない、というほどにはハードではないので無印が好きだった人でもう少し高刺激が欲しいという人にはおすすめのオナホです。

挿入感としては処女膜部分を突き破る感触は無印とそれほど変わりありませんが、それより奥がさらに高刺激になった感じです。

ただ、大きく変わった部分として見ての通りクリスタル素材になったせいでロリロリのトルソーが見えにくくなってしまっているので、そこがお気に入りだった人にとっては減点要素になりそうです。

価格は無印と変わらないので、見た目に問題がないならキツ系が好きな人にはおすすめです。

 

五位 こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所(税込: 1,958 円)

こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所【キツキツ度:★★★★★】つるぺたロリのパッケージの通り、キツキツ系のオナホール。

入口が狭く、奥行きも10センチ程度しか無いのでほぼ間違いなく『無理矢理突っ込んで奥をガンガン突く』といった使い方になるあたり、かなり鬼畜なオナホです。

造形が素晴らしく、ロリボディが好きな人は見た目だけで硬度を維持できるため『キツすぎる→萎える』というキツ系オナホールでありがちな事態を防ぐこともできるかもしれません。

ただし、そのキツさ・狭さゆえに耐久性は低めです。貫通しても使えなくはないのですが、ロリ系ホールとしてはいまいちな感じになってしまいます。

まあ、ある程度中古になってしまったら捨てて新しいモノを買う、というのも鬼畜っぽくてこのホールらしいといえるのかもしれません。

 

六位 半熟サキュ妹 まじかる☆バキューム キツキツヒダ漣撃・超ハードタイプ(税込: 3,058 円)

半熟サキュ妹 まじかる☆バキューム キツキツヒダ漣撃・超ハードタイプ【キツキツ度:★★★★★★】あまりにキツすぎてもはや痛いと感じる人のほうが多そうなオナホ。

狭穴注意(ござる)に比べるととりあえず挿入自体は可能なので、あちらよりは少しだけマシかも知れませんがどちらにしてもかなり鍛えられた息子の持ち主以外はお手上げなキツさです。

素材がかなり硬いので裏返し洗はほぼ不可能で、普通に洗うにも狭くて結構洗浄は手間です。いっそ刺激をマイルドにするためにもゴムを付けて挿入したほうがいいかもしれません。

最高にキツいオナホがどんなものか試してみたい人におすすめのオナホールです。

 

七位 まんキツ(税込: 858 円)

まんキツ【キツキツ度:★★★☆☆】コストパフォーマンス高めのキツ系オナホ。

素材が柔らかめのためメチャクチャきつい、というわけではないが単純な構造でバキュームもかけやすいため刺激は強め。ある意味キツ系の初心者向けとも言えるオナホなので、キツ系に興味はあるけど使ったことがない人には値段的にも性能的にもおすすめします。

欠点は構造上、最奥までペニスが届かない人だとバキュームがかけにくい点でしょうか。

 

八位 ぷにばーじん EXCITE(税込: 3,740 円)

ぷにばーじん EXCITE(エキサイト)【キツキツ度:★★★☆☆】キツキツというよりは高刺激な肉厚オナホール。

ヒダとネジリという割と単純な内部構造ですが、バキュームがかけやすい上に肉厚なので思った以上に高刺激です。

同じ高刺激でもゾリゾリとした溝に擦られたり、イボに当たったりする刺激ではなく、純粋に肉ヒダに押し包まれるような刺激ではこのオナホールがナンバーワンと言えるかもしれません。

値段はちょっと高いですが高刺激系のオナホールが好きな人は買って損のないオナホだと思います。

 

九位 超キツマン∞吸着トルネード(税込: 2,486 円)

超キツマン∞吸着トルネード【キツキツ度:★★★★☆】名前ほど超キツマンでもないですが、螺旋状のヒダが奥まで続いているため刺激はかなり強いオナホ。

素材が結構きつめなので肉に包み込まれるような感触はなく、狭い穴を無理やり掻き分けていくような挿入感を味わえます。きつすぎて入らないというほど狭くもなく、シンプルな構造のため減点要素も少ない、万人向けのキツ系オナホールと言えるでしょう。

ただ、バキュームもそれほど強くなく構造がシンプルなため、初回は良くても二回、三回と使っていると飽きてきてしまう可能性はあります。

ローテーション用の一つとして楽しむ分には問題ありませんが、ひとつだけキツ系をおすすめするとしたら候補から外れてしまう、そんな感じのオナホです。

 

十位 ぎちぎちばーじん(税込: 3,388 円)

ぎちぎちばーじん【キツキツ度:★★★☆☆】柔らかな入り口とキツキツ膣奥の二種類の感触が味わえるオナホール。

いわゆる【子宮系】のオナホールの中でもかなりキツくて高刺激が味わえ、二重構造になっているためキツ系オナホに多い、入り口の裂けも少なく耐久力も十分にあります。また、キツ系にしては挿れやすいので、今までゆる系しか使ってなかった人がちょっとキツ系を試してみるのにもおすすめです。

なお、子宮部分が洗いにくいですが裏返し洗いは【絶対に】しないほうがいいです。裂けるか剥がれるかの二択しかありません。

 
 

番外 狭穴注意(税込: 924 円)

狭穴注意【キツキツ度:★★★★★★★】伝説のキツ系オナホール【ござる(廃盤)】の復刻版オナホールです。

ござるというとそもそもオナホールが入らない人が5割、オナニー中にオナホが吹っ飛んでいってしまってホコリだらけになってやる気が失せた人が3割、なんとか使えたけどキツすぎてもうあまり使いたくない人が1割、と殆どの人にとってキツすぎて使い物にならなかったことで有名なオナホールです。

とはいえ、超キツキツホールというのはなぜか人気があって皆一度は使いたがります。千円以下なら失敗してもあきらめがつく、という意味ではこのホールがおすすめです。