A10ピストンSA専用ホール比較

A10ピストンSANLSピストンのインナーホールとして使われるA10ピストンSA専用ホール5種類を評価・比較しています。

A10ピストンSAには初期ホールとしてクローバーが付属していますが、NLSピストンには初期ホールは付属していません。ご注意ください。

また、専用ホールは構造上裏返して洗うことができないので、オナドライなどのメンテナンスグッズを利用したほうが洗浄が楽になります。

値段はすべて2,500円(税込:2,700円)均一です。

クローバー

A10ピストンSA専用ホール クローバー【刺激の強さ:★★★☆☆】横溝✕縦ヒダという、近年のスタンダードとも言える構造のホールです。

万人向けにするためか内径は少し広めなので、刺激自体は一般的な『横溝✕縦ヒダ』ほど強くありません。まったりと徐々に快感を高めていくタイプです。A10ピストンSAなら、VRと連動することでちょうどいいシーンでクライマックスを迎えられるのではないでしょうか。

欠点としては電動オナホに装着する構造上、空気抜きが難しいことです。バキュームができないので、息子のサイズが大きめの人ほど気持ちいいホールになっています。

 

スティール

A10ピストンSA専用ホール スティール【刺激の強さ:★★★☆☆】子宮口のようなギミックと二種類の横溝が気持ちいい、ピストンならではの快感が味わえるホールです。

挿入するとまず最初に細かめの横溝に息子が僅かに刺激され、子宮口のようなところへ辿り着きます。その子宮口をヌポっと抜けると先程よりも強い横溝のジョリジョリとした刺激に晒され、その後二回目の子宮口を破ると最奥にズッポリと咥えこまれます。抜ける時には挿入時とはまた違った部分が刺激され、VR連動モードならその刺激が動画に合わせてやってくるため、まさにバーチャルセックスといった感じの快楽を味わえます。

もっとも、横溝や子宮口を突き抜けるなどという感触は実際のセックスでは感じることはないので、そういう意味でのリアリティは残念ながらありません。

 

プレーン

A10ピストンSA専用ホール プレーン【刺激の強さ:★★☆☆☆】何のギミックもない真っ直ぐな壁上の内部構造をしたホールです。

『なにもないなら気持ちよくないんじゃないか?』と思う人もいるかもしれませんがこのプレーン、肉厚で締め付けがかなり強いのでキツキツ系のオナホールが好きな人にはおすすめできるホールです。

また、粘性の高いローションを使うことで(キツキツですが)リアルに近いストローク感を楽しむことができるのもこのホールの特徴です。

刺激が単調なので長時間のプレイには向いていませんが、キツキツのホールでさっと抜いてしまいたい時にはおすすめかも知れません。

 

バンプ

A10ピストンSA専用ホール バンプ【刺激の強さ:★★☆☆☆】無次元加工の穴に大小のイボを配置したホール。

断面図などから想像するよりはずっと優しめの刺激で、肉を掻き分けていく刺激の中でたまにイボのボコっとした感触を楽しむ構造のホールです。ただ、ピストン・サイクロン専用スタンドを使って本体を固定した場合、挿入する角度が毎回同じなので角度によって異なる刺激を味わえる無次元加工の良さが完全に死んでしまっている、という欠点もあります。

全種類揃えるのならアクセントとして悪くない出来ですが、どれか一つだけ買うとすればおすすめできないホールだと思います。

 

フォービドゥン

A10ピストンSA専用ホール フォービドゥン【刺激の強さ:★★☆☆☆】4種類のテクスチャーを融合させた、挿入深度によって刺激が変化するホール。

バンプとは違い、挿入の深さで刺激が異なるので固定してピストンをしても様々な刺激を味わうことができます。ただ、4種類とは言っているものの、入口付近のテクスチャーはほぼ刺激を感じられないほど広くなっているので、実質楽しめるのは奥と最奥の二種類程度になっているのが残念。また、その入口部分は大きく広げすぎているため、耐久性にも少し難があります。

入口部分をもう少し狭く肉厚にすると使用感がまるで違ってくると予想できるので、メーカー側にはその辺りの見直しをお願いしたいホールです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ