オナホールの温め方

『オナホールと女性器の最も大きな違いはその暖かさである』

などという言葉もありますが、それを一番実感するのが冬の季節です。冷たいローションと冷たいオナホではモノも縮こまってしまい、いまいち気持ちよくなれません。

そこで多くのオナホユーザーが考えたのが『なんとかしてオナホールを温めよう』ということです。その先人の知恵、オナホールの温め方をコストや手軽さも考慮して幾つか紹介します。

 

1.こたつ
こたつ最強です。何が最強かって手軽さがNO.1です。方法は簡単、オナホールとローションを電源を入れたこたつに入れておくだけ。一時間もすれば十分に暖かくなっています。問題は自分専用のこたつを持っているかどうかだけですね。家族と同居している方にはおすすめしにくい方法です。

2.湯煎
お湯をホールの中に入れたり、オナホール全体をお湯につけたりして暖める方法です。注意点としてオナホールの中には熱に非常に弱いホール(ふわトロめいき等)もあるため、ものによっては温度調整が難しいです。基本的に風呂のお湯程度の温度なら問題になることはありません。また、熱には強いオナホールでも、先端部分にローション溜りができるように設計しているものもあるため、あまり熱いお湯を使うと奥にたまった熱湯でやけどすることもあるので気をつけましょう。

3.ソフトあんか
ソフトあんかとは小さい座布団程度の大きさの電気カーペットのような商品です。これにオナホールとローションをくるんで30分ほど置いておくとそこそこ暖かくなっています。この温め方の優れているところはソフトあんかを巻いたまま、つまり暖め続けながらオナホールを使えるので長時間の使用でも途中で冷めることはないという点です。欠点は片手で持ちにくくなることと、コンセントが邪魔という点ですね。電気代は殆どかからないのでコストはソフトあんか(二千円弱)を買うお金だけです。家に自分用のこたつがない人や、長時間オナホールを使う人には一番オススメの温め方です。

4.USB式簡易オナホウォーマ
こちらはオナホールを温めるための専用グッズです。使い方はオナホールに挿してUSBを繋ぐだけと非常にシンプル。人に見つかった時に『ちくわを温める用』か『尻に挿す用』の二択しか言い訳が考えつかないことを除けば、値段も手頃ですし非常に便利なグッズです。ローションは別に温めておくか、零れないように注意してローションを入れた状態で温めるかしないと、ローションを注いだ時にすぐ冷めてしまうので気をつけましょう。

他によく使われる短時間でできるオナホの温め方として、ホールに少量の水を入れた後レンジでチン、という方法もありますがあまりオススメできません。オナホールにも電子レンジにもあまり優しくない方法だと思います。電子レンジを利用するならせいぜいローションを短時間で温める時用に使う程度にしておいたほうがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ