オナホールの使い方

オナホールの使い方は基本的には難しいことはありません。

ローションを流しこんでモノを突っ込む、言ってしまえばただそれだけです。
しかしいくつか注意したいことや使い方のコツもあるので紹介します。

1.使用前にタオルの準備を
オナホールの種類とローションの使い方にもよりますが、ローションが漏れて下まで垂れることは結構よくあります。あらかじめタオルを用意して下に敷いておけば漏れた時に慌てる必要もありません。なお、面倒臭がりな人のためにオナエプロンなんていう商品もあるようです。

2.ローションの使い方
内部構造が複雑なオナホはローションが奥まで入りにくいので、オナホールの下半分を握りつぶした状態でローションを入れ、入口部分を塞いだ後握った手を放してローションを全体に行き渡らせると良いです。
また、ローションはそのまま使ってもいいですがお好みで1~3倍程度に薄めて使う方法もあります。ローションは薄めると粘度が弱くなる反面乾きにくくなるので、使用に問題ないギリギリの粘度まで薄めて使うと経済的です。ただし水で薄めると腐りやすくなるのでひと月分以上は薄めずに、また薄めたローションは冷蔵庫で保管したほうが良いでしょう。

3.バキュームを極めよう
オナホールを楽しむ上で欠かせないのがこの『バキューム』です。バキュームとはオナホの内部から空気を抜いた状態でモノを奥まで入れて引き抜くと、内部が真空状態になるため、オナホの内壁がモノに絡みつくように吸い付いてくる現象です。
やり方は簡単で、オナホにローションを入れた後、下から順に握って空気を抜いていき、ローションが入り口まで上がってきたらそこにモノを入れてフタをします。これで内部には空気がない状態になるので後はバキュームをたっぷり楽しんでください。

4.使用後はすぐに洗浄を
オナホの洗い方は別記事で紹介しますがオナホールは使用後すぐに洗い流すようにしましょう。ローションにしろその他の液体にしろ、乾いてしまうと洗浄が面倒です。
また、夏場に放置するとかなりの確率でカビるので注意しましょう。

5.家族と同居している方は
『オナホを風呂に忘れた』はありがちなミスです。気をつけましょう・・・・・・

本当に気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ