オナホール総合ランキング十選

一位 まだ名前がありません

大ヒット作「セブンティーン」をベースに気持ちよさを極限まで追求したゆる系オナホールです。非常に柔らかい素材による、包み込むようなまったり感は徐々に癖になってやめられなくなります。
見た目は人によっては敬遠材料ですが、臭い・ベタつきなどはほとんどなく、初めてのオナホールにも他のホールに慣れた人にもおすすめできる最高のオナホールの一つです。

 

二位 ボクのおなぺっと

コストパフォーマンスに優れたオナホールとして、今なお根強い人気のある低価格オナホールです。安いから気持ちよくないというわけではなく、このホールが一番という人も結構いたりします。後継器としてボクのおなぺっと2ボクのおなぺっと3ボクのおなぺっとZEROがありますが2だけちょっと高いので注意。値段が安いため、メインのオナホールのついでや送料無料のための価格調整用におすすめ。

 

三位 A10サイクロンSA

電動オナホール唯一の当たり商品として話題になったA10サイクロンの進化系。邪魔で壊れやすい有線接続がなくなり、パワーが上がり、電池の持ちが良くなり、静音性が上がり、モーターの回転がスムーズになり、洗浄が簡単にできるようになっています。

電動オナホールを買うならコレ!もう他を選択肢に入れる必要はないかもしれません。

 

四位 極上生腰

『値段は高いがその価値はある』リアル系の大型オナホールの中でも最高と名高い、究極を追い求めたオナホールです。
高価・重い・場所をとるというマイナス条件を持ちながらも、最も重要な要素である『気持ちよさ』は他の追随を許さず、満足度・リピート率は極めて高くなっています。
自分の握力ではないリアルな締め付けを楽しみたい方におすすめです。

 

五位 セブンティーン ボルドー

セブンティーン』『セブンティーン エボリューション』に続くシリーズ第三弾。
後続器としてその名に恥じない人気と満足度を誇るオナホールです。

セブンティーンの特徴といえばマッタリ系でバキューム感が楽しめることですが、ボルドーもその特徴をしっかりと受け継いでいて、セブンティーンが好きだった人には間違い無くおすすめできるオナホールです。

 

六位 オンナノコの解体新書

あまりに革新的なポイントが多く、紹介しきれない新型オナホール。
背骨や肋骨、恥骨まで作りこまれた造形、内部のゲル状素材、洗浄を簡単にする貫通・非貫通制御メダルなど低価格帯では実現できないであろう技術がたっぷり詰まっています。

使用感としては、内部に骨が入っているため動かした時の安定感が高く、特に騎乗位で使った時の使いやすさが抜群です。

 

七位 【純潔注意】すじまん くぱぁ ろりんこ

非常に高い評価を受け大ヒットした『すじまん くぱぁ ろあ』『すじまん くぱぁ りな』『すじまん くぱぁ! ココロ』に続くまんくぱぁシリーズの最新作。

本作は処女膜が存在するのがひとつの売りなため、非常にキツ目のオナホールになっており、造形のロリロリしさも相まってそっち系が好きな人にはたまらない一品になっています。逆にゆる系が好きな人やモノのサイズが大きい人にはお勧めできません。

 

八位 CQロール

子宮口が感じられる新感覚オナホール。奥まで突くと『あ、これホントに子宮口だ』と思えるような感触が確かにあります。
ただし、多くの人が子宮を感じられるようにした仕様上、奥行きの長さは短めなのでモノが大きい人は注意です。

さらに床置・腰振りオナニーに特化した形状も素晴らしく、床オナ用に作られているため壊れにくさという点においてもかなりの高ポイントです。

 

九位 ヴァージンループ

ゾリゾリとしたヒダをかき分けていく感触を味わえるオナホール。

低価格ホールよりちょっと高い程度の値段としては、非常に満足感の強いハンドオナホールです。ただし、その値段故か品質が安定しないことが多い模様。

姉妹作として刺激の強い『ヴァージンループ HARD』も販売されているのでお好みのほうをどうぞ。

 

十位 ないしょのついんてーるず!

付属品としてローションやパウダー、巾着袋が付いており、初心者におすすめの一品。ただし『じょしぱんつ』は初心者向けとは言いがたいかもしれません。

付属品が多い商品らしく本体はショボイのかというとそうでもなく、やわらかマッタリ系として十分以上の満足を与えてくれるオナホールです。

双子姉妹の違いは奥行きの深さで、かなが深め、さなが浅めになっています。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ